見出し画像

東京証券取引所マザーズ市場への新規上場承認に関するお知らせ

アプリプラットフォーム「Yappli」を開発・提供している株式会社ヤプリは、本日、株式会社東京証券取引所(以下、東京証券取引所)より、当社株式の東京証券取引所マザーズへの新規上場を承認されましたことをお知らせいたします。

なお、東京証券取引所への上場日は2020年12月22日(火)を予定しており、同日以降は同取引所において、当社株式の売買が可能となります。

ここに謹んでご報告申し上げますとともに、平素よりアプリをご利用頂いているユーザーの皆様、導入企業様、株主様をはじめ全てのステークホルダーの皆様のご支援、ご高配に心より御礼申し上げます。

当社は「Mobile Tech for All ~モバイルテクノロジーで世の中をもっと便利に、もっと楽しく~」というミッションのもと、幅広い業界のモバイルシフトを支援してまいりました。昨今、企業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)への需要が増すなか、ノーコードでアプリ開発を実現する「Yappli」を通じてテクノロジーの敷居を下げ、より多くの企業のデジタル変革に貢献したいと考えております。

詳細につきましては、日本取引所グループのウェブサイト「新規上場会社情報」をご覧ください。

日本取引所グループ「新規上場会社情報」ウェブサイト:
https://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/index.html

■Yappliについて(https://yapp.li/)
「Yappli」はアプリ開発・運用・分析をノーコード(プログラミング不要)で提供するアプリプラットフォームです。導入企業は450社を超え、店舗やEコマースなどのマーケティング支援から、社内や取引先とのコミュニケーションをモバイルで刷新する社内DX(デジタルトランスフォーメーション)、バックオフィスや学校法人の支援まで、幅広い業界の課題解決に活用されています。

《アプリプラットフォーム「Yappli」の6つの特徴》
1. スピード開発:ノーコードでiOSとAndroidのネイティブアプリを高速開発。
2. カンタン運用:直感的な操作で、更新可能。プレビューで事前確認もできる。
3. 多彩なプッシュ通知:エリアや属性などターゲットに合わせた多彩なプッシュ配信。
4. 高度なデータ分析:ユーザー行動やアクションに基づきデータ分析が可能。自社データとの統合も。
5. クラウドで進化:年間200回以上の機能改善。最新OSにも即座にアップデート対応。
6. サクセス支援:専門チームが集客や活用方法などを支援し成功へコミット。

■株式会社ヤプリについて
本社  :東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー41階
大阪支社:大阪府大阪市中央区難波5-1-60 なんばスカイオ27階
福岡支社:福岡県福岡市中央区大名1-1-29 WeWork大名
代表者 :代表取締役 庵原 保文
事業内容:アプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」の開発・提供
URL     :https://yappli.co.jp

※ご注意
この文書は、当社株式の東京証券取引所への新規上場の承認について一般に公表することのみを目的とする記者発表文であり、日本国内外を問わず投資勧誘等を目的に作成されたものではありません。投資を行う際は、必ず当社が作成する「新株式発行並びに株式売出届出目論見書」(及び訂正事項分を含む。)をご覧いただいたうえで、投資家ご自身の判断で行うようお願い致します。「新株式発行並びに株式売出届出目論見書」(及び訂正事項分)は引受証券会社より入手することができます。また、この文書は、米国における証券の募集、購入の勧誘行為の一部をなすものではありません。米国においては、1933 年米国証券取引法に基づいて証券の登録を行うか、又は登録義務からの適用除外を受ける場合を除き、証券の募集又は販売を行うことはできません。なお、本件においては米国における証券の募集は行われません。

79
株式会社ヤプリのnoteです。 アプリ開発・運用・分析をノーコードで提供するアプリプラットフォーム「Yappli」を提供しています。 https://yappli.co.jp/

こちらでもピックアップされています

プレスリリース
プレスリリース
  • 29本