Yappli User Meetup in Osaka vol.5を開催しました!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Yappli User Meetup in Osaka vol.5を開催しました!

こんにちは!ヤプリ大阪エリアディレクターの南です。
2021年8月24日に行われた Yappli User Meetup in Osaka vol.5の様子をレポートします。

ヤプリの大阪拠点についてはこちら

過去のMeetup in Osakaはこちら

Yappli User Meetupとは?

Yappliユーザー同士の交流とナレッジシェアを目的として、Yappli User Meetupを開催してます。大阪拠点では主幹のカスタマーマーケティング・サクセスのメンバーだけでなく、フィールドセールスもデザイナーも自発的に参加して関西の企業様との交流を深めてます。

第5回目のテーマは 「チュチュアンナが"顧客理解"から始めたアプリリニューアル」

今回のイベントは、リアルな実践事例から自社活用のヒントを得ることを目的として、Yappliユーザーであるチュチュアンナ様が、どのようにアプリリニューアルを進めていったかをテーマに開催しました!

チュチュアンナ様と同じ下着・靴下・ルームウェアを取り扱う3社のYappli ユーザー様にご参加いただき、明日からでもすぐに活用いただけるような知識やヒントを得る機会になればという想いを込めて、イベントを企画しました。

アプリからECサイトへの流入を増やすためには?アプリリニューアルの背景

画像2

今回、チュチュアンナ様に、アプリリニューアルの経緯から、どのように改善していったかまでを詳しくお話いただきました!

お話しいただくのは、デジタルマーケティング部マネジャーの西岡さん。西岡さんは、先進的な動きをしているアプリを研究し、どのようにアプリを変えていけば良いかを日々試行錯誤されています。今回は、実際にリニューアルするにあたって苦戦した部分も含めてお話いただきました。

画像3

チュチュアンナ様でアプリを導入したのは4年ほど前。
アプリを導入してから、クーポン等を通して会員様との密なコミュニケーションが可能になったり、コンテンツやページの生成が簡単に出来るなどの良い面もありましたが、コロナ禍で以下のような課題が見えてきました。

画像4

このような課題を解決するために、「店舗でも使いやすく、ECサイトへの誘導もしやすいアプリ」を軸に、アプリのUIのリニューアルが決定しました。

「何のためのアプリ?」考えを常にアップデートしていくことが大切

実際にアプリのUIで変更した箇所は大きく3つ。

・コンテンツに遷移するタブを追加
 (直接買い物にはつながらないが)チュチュアンナがユーザーに届けたい
      内容(コンテンツ)の導線の整理
・オンラインストアへの導線を追加
 ファーストビューに最低3つはオンラインストアへの導線を確保
・コーディネート提案を追加
 ファーストビューに入れることで、お客様とのコミュニケーション強化

リニューアルをするにあたっての気づきとして、「何のためのアプリなのか?」4年前にアプリをリリースしてから考えをアップデートできていなかった。と語った西岡さん。

リニューアルの結果……なんと、オンラインストアの流入数は300%アップ!

画像5

ユーザーがこのアプリに何を求めているのかを模索しながら、これからもアップデートを続けていきたいとのことです。
今回はUIのリニューアルでしたが、今後はもっと中身を詰めていきたいとの声も。まだまだ発展途上の雰囲気が伺えました!

ユーザーのリアルな声を反映するために、大学生からの意見も反映!

ここからは、参加者の方からの質問タイム。
どの質問や悩みにも参加者全員が「うんうん」と大きくうなずいており、同じ悩みを抱えている方たちが多くいらっしゃる様子が伺えました。

ここでは、中でも盛り上がった質問を抜粋して掲載します。

質問①
「社内でどのようなアクションを取れば、リニューアルが進みますか?」
リニューアルする時は、社内全体でGOサインが出ないと動き出せないことも……特に、上層部の方にどのように納得してもらうのか苦戦することもあるようです。
こちらの質問に対して、西岡さんからは、リニューアルするにあたって以下の3つを施したとのお話がありました。

・リニューアルの意図を説明する会議を実施
店舗の方やアプリに思い入れがある方には丁寧に説明
・ミニマムのチームでリニューアルを進行
スピーディーに進めるために、議論するメンバーは最小人数で
・大学生の意見を取り入れたUI設計
ユーザーに近い目線を持っている外部の意見を取り入れて説得力アップ

3つ目の「大学生の意見を取り入れたUI設計」については、参加者全員目から鱗の取り組みでした!
西岡さんは、アプリを日常的に使っている大学生の意見もふまえ提案した方が説得力が増すのではと考え、自分たちがリニューアルでやりたいことに、大学生の客観的意見を加えて、上層部への提案に挑んだそうです。

質問②
「店舗とオンラインのバッティングを減らすには?」
店舗にくるお客さんがオンラインに流れてしまうなど、店舗とオンラインの間でバッティングが起きてしまっているとの悩みも。
参加者のYappliユーザー様からは、オンライン担当・アプリ担当・店舗スタッフ、それぞれの情報を共有し、フォローしあう関係性が作れたら、ユーザーの満足度も上がるのでは?との意見も。まだまだアップデートの余地がありそうですね!

最後に

画像5

最後に記念撮影を行い、Yappli User Meetup in Osaka vol.5は終了!

チュチュアンナ様のリニューアルの気づきや、アプリ担当者が持つディープな悩みまで、盛りだくさんのオンラインイベントとなりました。ヤプリのディレクターとしても、気づきが沢山あった2時間でした。

Yappli User Meetupは、Yappliユーザーの皆様の意見交換や気づきの場として、これからも定期的に開催を予定しています。
皆さんと一緒に、私たちも成長していけたらと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします!

以上、Yappli User Meetup Report でした😊


Yappliへの「スキ」ありがとうございます!
株式会社ヤプリのnoteです。 アプリ開発・運用・分析をノーコードで提供するアプリプラットフォーム「Yappli」を提供しています。 https://yappli.co.jp/