新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「顧客と会えない時代の営業コミュニケーション」週刊Yappli for biz〜Yappli Sales Technology〜実施レポート

5月18日(月)ウェビナー週刊Yappli for biz〜Yappli Sales Technology〜を開催しました。

週刊Yappli for biz〜Yaplli Sales Technology〜
最新テクノロジーの紹介と営業の第一線で活躍するゲストを招いて、今後の営業の新しい働き方を皆さまと一緒に考えていく番組です。
・最新テクノロジーNEWSの紹介
・ゲストに登壇いただき、テーマに沿ってトークを展開

前回の実施レポートはこちらです。

今回は「顧客と会えない時代の営業コミュニケーション」をテーマに
ワークスモバイルジャパン株式会社(LINE WORKS)執行役員 萩原氏をゲストに招き、お話をしていただきました。

20200518_LINE WORKS萩原様ゲスト会

今週のテクノロジーNEWS

ヤプリマーケティング本部の李が最新テクノロジーを紹介するコーナー。

今回は、WeChat(ウィーチャット)の紹介です。

WeChat(ウィーチャット/中国語: 微信)は、中国大手IT企業テンセント(中国語:騰訊)が開発したインスタントメッセンジャーアプリ。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

月間アクティブユーザーが約11億人の「WeChat(ウィーチャット)」は、チャット/媒体機能/情報共有/ミニアプリetc…様々なサービスが使えるスーパーアプリです。

ビジネスにおけるコミュニケーションはWeChatがTOPシェア(約90%)を獲得しており、日本と違って、チャットでのやり取りが主流になっている中国のIT事情についてお話しました。

ビジネスチャットを活用した営業現場のリアル

当日は4つのテーマに分けて、萩原さんにお話を伺いました。

20200518_LINE WORKS萩原様ゲスト会  (2)

今のお客さまが求めているコミュニケーションとは?

営業する立場の方も、営業を受ける立場になると、どのようなコミュニケーションをお客さまが求めているかが見えてきます。

私たちの普段の生活はスマートフォンでLINEを始めとしたチャットでのコミュニケーションが主流です。
実際に営業現場でも、仕事でLINEを使わざるを得ない状況になっています。

スライド3

働き方やコミュニケーション方法が多様化し、対面以外の方法で情報を取得することが可能になり、必要な時に必要な情報を求めるお客さまが増えています。

営業に必要なのは、お客さまに必要なタイミングで情報を提供することです。
では、営業に携わるビジネスパーソンはどのようにお客さまとコミュニケーションを取るのがいいのでしょうか?

個人営業/法人営業と分けてお話を進めていきます。

個人営業のコミュニケーョン

住宅/自動車など高級商材を扱う企業を例に、LINE WORKSを活用したコミュニケーション方法について紹介していただきました。

・レスポンスの早さ
・アフターフォローのしやすさ
・日中やり取りが難しい方ともスキマ時間を活用したコミュニケーション

営業活動のリードタイムを短縮した「YANASE」の事例はこちらからご覧下さい。

法人営業のコミュニケーション

情報が増えた今の時代に、情報の共有を同じデータベースで行なう/密にコミュニケーションを行なう必要性について紹介していただきました。

・手軽に連絡ができるので、コミュニケーション量が増加
・移動中でも社内の情報をすぐに確認できる
・同じデータベースで情報を共有することで、連携がスムーズに

販売代理店と営業社員の情報共有をシームレスにした「ノエビアホールディングス」の事例はこちらをご覧下さい。

社内情報共有の理想

オフィスがコミュニケーションのインフラだったことは、今回のコロナウイルス対策を機に皆さんが理解したでしょう。

オンラインでのやり取りが増えていく中で、「情報共有」はもちろんのこと、今まで以上に「感情共有」も必要になっていきます。

スライド17

LINE WORKSの詳細については、こちらからご確認下さい。

Yappli for biz紹介

接触時間を減らす必要がある時代に
「必要な情報を必要なタイミングで届ける」ことが今の営業に求められています。

「紙のカタログ」のままでは様々な課題が残ります。

画像3

これらは、モバイルテクノロジーを活用したビジネスアプリ「Yappli for biz」によって解決できます。

画像4

・デジタルを活用:資料を電子書籍/動画
・情報へすぐにアクセスするために、
自社の営業担当/取引先の担当者のスマートフォンに自社アプリを導入
・プッシュ通知でリアルタイムに伝達

「Yappli for biz」は、時間と場所を選ばずにお客さまに「必要な情報を必要なタイミングで届ける」ことを可能にします。
詳細はこちらからご覧ください。

次回告知

次回は、5月26日(火)16時〜オルビス株式会社 大谷氏をゲストにお迎えし、「オルビスが実現した販売力向上のための情報共有デジタルシフト」をテーマに、販売スタッフ向けに実践した接客レベルを底上げする情報共有の方法についてお話していただきます。

こちらよりお申込み下さい。

ヤプリは火曜日以外にも水曜日/木曜日も週刊セミナーを開催しています。
セミナー一覧をぜひご覧下さい。

ヤプリの最新情報はSNSアカウントから

次回もお楽しみに!


             (文章:ヤプリ マーケティング本部 高橋知久


2
株式会社ヤプリのnoteです。 アプリ開発・運用・分析をノーコードで提供するアプリプラットフォーム「Yappli」を提供しています。 https://yappli.co.jp/

こちらでもピックアップされています

セミナーレポート
セミナーレポート
  • 45本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。