見出し画像

Yappli Summitの舞台裏!山口氏・音部氏打ち合わせレポート -YS NEWS Vol.3-

こんにちは!ヤプリサミット運営事務局の山田です。Yappli Summit開催日まで残り一ヶ月を切りました。絶賛参加申し込み受付中です!さて、第3弾となる『YS NEWS』では本イベントのメインセッションである【KEYNOTE # 4 これからの企業の在り方、個人の在り方】の事前打ち合わせを実施しました。その打ち合わせ内容を一部お届けします。

▼前回の記事はこちら▼

導入

打ち合わせでは、モデレーターを務める金子も参加し、当日のセッションでどんなことをお話いただくかの方向性を固めるとともに、今までとこれからの働き方や企業の在り方についてお話を伺いました。

1. これからの企業の在り方

画像1

<ヤプリ金子(モデレーター)>
アフターコロナにおける企業の在り方にどんなことが言えるでしょうか?

<山口さん>
音部さんはマーケティング世界の第一人者なので、ここはいちオーディエンスの立場としてお聞きしたいです。
企業・商品・顧客の関係性が昭和・平成・令和で変わってきています。物理移動が少なくなってきており、物理流通の物の情報のやり取りが劇的に変わってきていますよね。そういう中における、企業・商品・顧客の関係性では商品そのものの良し悪しよりも企業の有様など、複合的にブランドに関わるようになっていると思っています。アフターコロナにおけるマーケティングコミュニケーションの在り方や物の売り方って、大きな変化としてどう見立てていますか?

<音部さん>
マーケティングの定義としてセットされているのが市場創造ですが、ほとんどの市場が出来上がってしまっているので、再創造だと思うんですよね。それでは、市場の再創造って何かという話です。
自動車マーケットを例に出すと、80年代はかっこいいスポーツカーが売れて、2010年代になると電気自動車とかハイブリッド車や軽自動車が売れるようになった。これを見て一般的なジャーナリストなどは消費者の趣味趣向が変わりましたよね、という分析が出てきます。
もちろんそういう分析はありです。ただ、私が伝えたいのは製品の最重要属性が入れ替わるということです。これは消費者が勝手に入れ替えるのではなくてマーケターが提案します。しかし、これは平時のことで、非常事態、コロナのような時は強烈な外圧で属性が変化してしまう。それがデジタルの領域でいうと、今までは計測可能性が1番重要な側面だったと思っていますが、コロナが来てユニバーサルに重要になってきたのが非接触です。マーケティングからコロナを見ていると、これから市場再創造が進んでいくんだろうけど、その時の属性として重要なものの1つが非接触で、その裏側にデジタルがあるのでその側面から物流であったり、消費者であったり競合を眺めてみると見えてくるものがあります。

2. これからの個人の在り方

画像2

<金子>
働く人について、これからどのようなマインドセットを持っていればいいのでしょうか?

<音部さん>
現在のリモートワークという働き方において、私の問題意識はネクストジェネレーションが育たなくなってしまうことにあります。我々はどうやって育ったんだと考えた時に、もちろん色々教わったのですが、誰に教えてもらったかというと上司に教えてもらった分は3割くらいしかないですよ。では、7割くらい誰から教えてもらったんだというとそこにいた人なんですよね。上司から「最近落ち込んでるみたいだから話を聞いてやるよ」とか、廊下で昔の上司にすれ違ったときに「あーちょっと助けて」と教えてもらったりとか、そういうのにすごい助けられた。今はそれがゼロになってしまったんですよね。

<山口さん>
確かに、これは10年単位で見てみるとボディーブローみたいに効いてきますよね。
組織論の用語で正統的周辺参加という言葉があります。例えば、割烹に入った若い男の子が皿洗いしかしていないんだけど、なんとなく厨房を見ていることでものすごい学習になっている。そのうち大根の桂剥きだけやってみろとか出汁だけ作ってみろなど言われるようになるんですね。先輩の電話をずっと聞いていたり、先輩は先輩でこっちの電話を聞いていたりして「おまえあの言い方はないだろ」とか教えてくれる。そう考えると、このリモートワークという状況は周辺参加がしにくくなったと言えますよね。実際に人材育成がやりにくくなったと数字でも出ている。
これを解決しないと働く側も企業側も大変になり、ひいては国としても大変なことになります。さらに言うと、働いている本人がそれに自覚できていなことが多いので、気をつけるべきです。

3. 最後に

画像3

<金子>
ありがとうございます。今回お話しいただいたようなことを中心に当日は「これからの企業の在り方、個人の在り方」をメインテーマにお話を進めていただければと思います。

<山口さん>
お話をしていて止まらなくなりそうでした。楽しみです。

<音部さん>
とても刺激的な一時間になりそうですね。


いかがでしたでしょうか。事前打ち合わせですが、何時間でも聞いていられるような大変濃い議論が展開されました。山口さん・音部さんについては、『Yappli Summitをもっと楽しむ!登壇者の書籍紹介 -YS NEWS Vol.1-』でも紹介していますので、合わせてお読みください。引き続き、YS NEWSをお楽しみに!


◼イベント概要
開催日:2020年9月30日(水)、10月1日(木)、10月2日(金)
時間:15:00〜
会場:オンライン開催(お申込者に視聴URLをお送りいたします)
参加者:Yappliご契約企業の担当者様、企業のマーケティング・
    経営戦略・広報担当者様
    ※個人の方はお申し込みいただけません。
     また、同業他社の方のご参加はお断りさせていただく場合が
     ございますのでご了承願います。
参加費:無料
参加申し込み方法:イベント概要ページよりお申し込みください。


8
株式会社ヤプリのnoteです。 アプリ開発・運用・分析をノーコードで提供するアプリプラットフォーム「Yappli」を提供しています。 https://yappli.co.jp/

こちらでもピックアップされています

お知らせ
お知らせ
  • 45本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。