見出し画像

なぜ ヤプリが noteを始めるのか?

あらためまして、こんにちは。
ヤプリ note 運営・編集チームです。

今回は、(いまさらではありますが)ヤプリ が、「このnoteで伝えていきたいこと」と、「 noteの読者とコミュニケーションしていきたいこと」を書いていこうと思います。

まず、”「ヤプリ」というベンチャー企業のこと”から紹介させてください。

「ヤプリ」は、iPhoneとAndroidのスマホアプリをクラウドからワンストップで開発・運用・分析できるアプリ開発プラットフォームを提供しています。

…と書いて、ピンとくる方と、こない方がいるかと思いますので、もうちょっと説明させていただくと…

生活の中で「スマートフォン」を利用することは、当たり前な時代となりました。

「スマホ」では、何をしますか?
「アプリ」を使っていませんか?

「ヤプリ」は、その「アプリ」を作る企業です。

ただし、作っているアプリは「ゲームアプリ」や「SNSアプリ」のようなものではありません。主な領域としては、以下の用途のアプリです。

1.マーケティング支援アプリ
 (オムニチャネル・EC・店舗集客・オウンドメディア・金融機関etc)
2.ビジネス支援アプリ(営業支援・社内報etc)
3その他 (採用・学校etc)

いわゆる企業向けの「自社アプリ」というジャンルで、「自社のビジネスに活用して課題を解決」するためのアプリ制作のお手伝いをしています。

少しは、イメージいただけましたでしょうか?
上記の事例を見ていただくと、みなさまに馴染みのある、「あの企業」の「あのアプリ」を弊社が支援させて頂いております。

2013年創業のスタートアップ企業ですが、現在300社以上に導入いただき、ダウンロードされたアプリは、3,500万を超えています(2019年6月現在)

2019年8月には雑誌「東洋経済〜すごいベンチャー100 2019年版」にも選ばれました。

なぜヤプリがnoteを始めるのか?

もともとヤプリ には、「オウンドメディア」として、企業情報を発信する場として「ブログ」が存在していました。今回、それをnoteに移転することにしました。

・ヤプリのお伝えしたいこと = noteの読者とコミュニケーションしていきたいこと

■「ヤプリはこれからどんな社会をつくって行きたいか」を、お伝えする場として。私たちのミッションである「Mobile Tech For All」=「モバイルテクノロジーで世の中をもっと便利に、もっと楽しく」をより身近に感じてもらうため。

■このnoteを書いている部門は、主にビジネスサイドの部門ですが、開発部門やバックオフィス部門など、「One Teamなヤプリ」をお伝えしていきたいから。

■「ヤプリ “と” 一緒に仕事をするパートナー」を増やしていきたいから。

などなど、いっぱいお伝えしたいことがあるので、いままでのブログ以上に、このnoteを媒介として、お伝えしていきます。

* 弊社採用などの求人情報=「ヤプリ “で” 仕事をしたい方」は、noteとは別にこちらをご参照ください。


このnoteの読者には、様々なステイクホルダーの方がいらっしゃると思います。従来のコーポレートサイトだけでは伝えきれなかった「ヤプリ」をお伝えする場にもなればいいな、と思っています。

アプリを制作したり、ビジネス支援する企業は、世の中にとてもたくさんあります。その中でも、ヤプリを選んでいただけるように、このnoteが一助となればいいな、と。

noteは、インタラクティブ(双方向)なメディアです。「コメントする」ことも、「スキ」をすることもできます。従来までは、一方通行な発信でしたが、今後は、読者の方からのリアクションも楽しみにしつつ、メディアを運営していきます。(なので、「コメント」や「スキ」をぜひお寄せください。)

2019年6月頃から、このnoteをこそっと始めさせていただいていましたが、今あらためて、所信表明的に、本noteにより、みなさまにお伝えしたいこと・受け取って欲しいことを掲げることにより、いままでの読者の方にも、これからの読者にとっても、(社外の方はもちろん、社内にとっても、)道標(道しるべ)のnoteになればと思います。

引き続きよろしくお願いします。


14
株式会社ヤプリのnoteです。アプリ開発・運用・分析をクラウドからワンストップで提供するプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」を提供しています。 https://yappli.co.jp/
コメント (1)
ヤプリを我が社へ浸透させるため、ヤプリスタッフ以上の知識を身につけて再度社長の意思決定を変えてみせます。静岡県エネジンの社員より、高橋さんによろしく!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。